スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

お楽しみは、最後まで取っておいたよ♪

2009年09月09日 (Wed.)

Breuil-Cerviniaを後にして、次に向かったのは、
最終目的地、スイスのグリンデルワルトです。

イタリアとスイスの国境越えは、セントバーナードの故郷、
ナポレオンの絵で知られるグランサンベルナール峠越えを
予定していましたが、山道のカーブでかかるG(重力)が、
お疲れのシフォンの眠りを邪魔するので、真下を通る
快適なトンネルを抜けることにしました。

DSC_0427a.jpg
トンネルのSOS電話ボックスは、セントバーナードが応対してくれるって


そして、スイスに入ってからの道は、ちょっと遠回りになりそうでしたが、
電車フェリー(?)を選んでみました。初めての経験で、行く前に
そのウェブサイトを見ても、全くイメージがわかず。
とりあえず行ってみました。

駅に着くと、貨物列車のような電車が待っていて、そこに、
DSCF4381.jpg
ぞろぞろと、車ごと乗り込みます

DSCF4386.jpg
で、貨物列車の上を走りながら奥へ奥へと詰めていって、車を停め、
そのまま車内で待機。すると、電車が発進して、ジェットコースターのように、
トンネルを抜けていって反対側へ連れて行ってくれる、という仕掛け。

なぜ、トンネルを走れるようにしていないのかは、ちょっと
分かりませんでしたが、面白い体験でした(笑)。
万が一、興味がある方は、コチラをご覧くださいね。


そして、ようやくたどり着いたグリンデルワルト村。
長いドライブになったので、シフォンさんには
ホテル裏手の、囲いがされていない部分の牧草地で
思う存分走って、身体を伸ばしてもらいました。

DSC_0447.jpg
ひゃっほーい!



翌日から早速ハイキング。

バスでハイキングコース起点まで行ったら、

DSC_0540a.jpg
モー子さんが迎えてくれました。
モー、シフォンにもおなじみです。

DSC_0550.jpg
モー子さん、うじゃうじゃだよ。


DSC_0594.jpg
ウソみたいな景色の場所を歩いていきます。こんなすごい景色も、
ずーっと歩いていると、すぐに見慣れちゃうのが怖いです。

おっと、行く手にモー子さんの群れがいますが・・・。




カランコロンは、カウベルの音です♪
最初、前にいるボクに追いつこうと、リードを引き気味ですが(汗)、
次々に現れて近寄ってくるモー子さんに、クンクンしてみたり、
カーブ切ってみたり、ボクをスプリッテンに使ったり、
こうやって見るとシフォンなりに工夫してるのかな~?

DSC_0621.jpg
なんですか?
きゅーけーするなら、おはなばたけの中ですよ


DSC_0640a.jpg
頑張って歩いてきたね~。
たくさん歩いたら、いいことあるのかな?




DSC_0698.jpg
たくさん歩いたら、こーんなキレイな場所に出ました。



・・・ん



DSC_0715a.jpg
さっそくいーこと、あったよ。
もう、ひと泳ぎしてきましたが、なにか?





いつもはバトンを投げるのですが、さすが山の上、木がありませーん。
仕方なく石を投げると、石(←沈みました)が落ちたあたりを目指して
スイスイと泳いでいきました。

どこまで行っちゃうのか、ちょっと不安になり、名前を呼ぶと振り向いたものの、
石の落下地点付近まで嬉しそうに泳ぎ、おもむろにUターンして、
ようやく戻ってきました(笑)。

シフォン、お楽しみは最後まで取っておいたんだよ。エッヘン。

ボク、約束果たせてよかったね。


楽しく泳いだ後は、身体を乾かしながら、ハイキングの続き。

DSC_0738.jpg
こーんな絶壁を登って


DSCF4427.jpg
小川でのどを潤して


DSC_0751.jpg
こーんな岩だらけの道も歩いて



予想以上の恐ろしいほどの距離を歩いて、一日おしまい。
初日から、ちょっと飛ばしすぎてしまったようです。




毎日、幸運にもお天気に恵まれ、翌日と、その翌日は・・・。

DSC_0924.jpg
こんなかわいい電車に乗って、


DSC_0805.jpg
展望台に登ったあとは、


DSC_0835a.jpg
山の上の雪原で、


DSC_0836a.jpg
雪の感触を楽しんだり、


DSC_0853a.jpg
雪をバトン代わりに遊んでみたりして、


DSC_0837a.jpg
でしょー、でしょー、そーでしょー。

でも、ちゃーんと、

DSC_0939a.jpg
チュチュ♪の練習もしたよね。


DSC_1117.jpg
雪に浮気しても、バトンラブ、も変わらないしね。



山を楽しんでいる姿がたくさん見られて嬉しかったよ
シフォンの笑顔がわたしたちの元気の素だからね


そして、今回、最後の最後にちょっと嬉しかったこと。


最後のハイキング、ゴール直前で、
DSCF4490a.jpg
犬生初の、「芝生でクネクネダンス」を披露してくれました


家の中では、毎日のようにクネクネしていますが、シフォンは
臆病さんなので、今まで外でおなかを見せることなんて、
一度も無かったのです。

他のワンコが外の芝生の上でクネクネしているのを見ても、
シフォンはしないだろうなあ~、と思っていたのでした。

だから、ちょっと嬉しくて

ハイキングが楽しくて、ちょっと気分も開放的になって
クネクネしたのかな?そう思っても良いのかな?

ただ背中がカユかっただけ、だったりして


長~くかかってしまった旅行記も、これにておしまいです。
最後の最後まで長文になってしまいました
文章を短くまとめるってことが出来ないoiraでございました。

なのに、最後まで読んでくださって、ありがとうございます





・・・ちなみに、最後のホラーですが・・・。

前記事の、Lago Bleu で撮った写真ですが、ホテルに帰ったら、
またまた「写真が一部消えた事件」が起きました。

仕方なく、また写真を撮りに行き、朝に撮った写真とは明らかに
出来が異なるので、ちょっと残念に思い、家に帰ってリカバリーソフト
をかけました。が、復活できなかったのです。

そして先週、何気なくまたリカバリーかけてみたら、なぜか復活できました。
ほんと、ホラーです。カード、買い換えました(爆)。

スポンサーサイト

2009年夏休みCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

さー、山、満喫!

2009年09月06日 (Sun.)

ハイキングを満喫しようと企てていた日、
朝からあられが振り、どんよりどよどよ。

ゆっくり朝休んで、少し晴れ間が見えてきた午後、
ハイキングの拠点、村の中心へやってきました。

DSCF4290a.jpg
ちらりーん。モンテチ・ェルヴィーノ、少しその姿を見せ始めてくれましたよ。
観光案内所でハイキングマップを購入してみたら、周辺地区を入れて
なんと、35ルートもあるそうです。

雨もあられも無事に止み、初心者コースへ、ハイキングスタート!
全行程、往復で3時間の道(予定)でございます。
結構、斜面はキツイです。


DSC_0007.jpg
思~えば とお~くへ 来た~も~んだぁ~♪
うねうねした道をひたすら登ってきたら、見たことのない生き物に会ったよ。



DSC_0013a.jpg


DSC_0016a.jpg

ミルカチョコレートのパッケージのモー子さん、そのもの

シフォンとモー子さん、初対面の図。


DSC_0018.jpg
氷河の溶けた水で出来た滝のちょっと先まで歩いて折り返しだよ。
モンテ・チェルヴィーノ、だいぶ見えてきたね。


DSC_0012.jpg
帰りも、モー子さんの群れの中を抜けて降りていくの。
あたしは、モー子さんは、ちっとも怖くないよ。


DSC_0001.jpg
都会っ子だって、ハイキングはたのしーのよ。
明日は、ロープウェイに乗ってもっと山の上の方に行くの。


ちなみに、行程途中で折り返してきたのに、3時間半、かかりました(汗)
写真撮って、シフォンがゆっくりクンクンして、人間が休憩して、と
のんびりペースなので、予定は未定、ということで・・・。




~翌日~
さー、ロープウェイで3500m地点まで登るぞ!という日、
またまたどよよーんの曇り。

「一番高い場所は雪だよ」、と、ロープウェイの切符売り場で
親切にカメラの映像をモニターで見せてもらったのですが、
山の天気は変わりやすいし、明日はもう出発だし、
登っちゃえ~。ということになり。

ただ、一気に登るのは人間もワンコも高山病になる恐れが
あるので、ロープウェイを1本ずつ降りては、ハイキングしていきました。

1本目のロープウェイを降りて、湖を目指そうか。
DSC_0051a.jpg


シフォン、あの湖、近くに見えるけど、まだまだたくさん歩かないと
たどり着けないみたい・・・。ちょっと遠すぎるから、ごめんね。

DSC_0072a.jpg

それにしても、ちょっとキンチョー顔なのは・・・。遠くに見える

DSC_0057a.jpg
↑コレ

が怖いんです。乗るのも降りるのも得意では無いものの、大きな問題は
無いけれど、遠くで、音も無くス~ッと空中を動いているのが、
なんとも言えず怖いみたいで・・・。

DSC_0100a.jpg

ちょうどいい大きさの穴を見つけて、すっぽり収まってしまいました・・・。
ロープウェー乗り場に向かって歩くので、どうしてもずーっと視界に
入るんですよね・・・。

なんとか誘い出して、穴から出てもらい、できるだけシフォンの視界の
前をふざけてジグザグしながら歩き、少しでも楽しそうに装って
無事にすり抜けましたが、ちょっとでも見えちゃうと、
グイグイ引っ張って逃げ出したいシフォン。

今までも、「風に揺れる国旗」や、「カフェやお店の雨よけテント」、
「窓の遠くに見えるクレーン車」が苦手なのは気付いていたのですが、
これも、同じ仲間だったんだね。ゆっくり慣れていこーね。

ロープウェイ2本目に乗ってたどり着いた場所は、
打って変わって楽しい場所♪


DSC_0116a.jpg
万年雪の残る山肌。

以下、夏季五輪のバトンリレー、水泳に引き続き、冬季五輪への
出場にも期待がかかる(?)シフォン選手です。

DSC_0133.jpg


DSC_0138a.jpg


DSC_0139.jpg


DSC_0143a.jpg
きょーのところは、このへんにしておいてあげます。


少し休んで、もう一本、ロープウェイに乗り、
プラトーローザという3500m地点に向かうと、そこは、
DSC_0157.jpg
イタリアとスイスの国境

シフォンさん、国境線をまたぎながら"シッポイン"なのは、
視線の先に、見たこともない除雪車とスノーモービルが登場したため・・・。

このチェルヴィニアは、スキーヤー憧れの場所で、夏スキーも楽しめる土地だとか。


ではでは、機械も人も居ないほうへ向かいましょう~


DSC_0165.jpg
新雪の匂いをクンクンして・・・


DSC_0167.jpg
ばっちり足跡つけちゃって・・・


DSC_0181.jpg
しっかり、りんごも食べちゃって・・・。


DSC_0192c.jpg
おっと、千代の富士の名言が出ました。無念さがにじみ出てますが、
高い場所に居て、寒いと、体力が奪われちゃうよね。
お宿に戻ってゆっくり休みましょう。


DSCF4313.jpg
Cの字で寝るの



~そして出発の日の朝~

DSC_0314.jpg
ピーカン
ホテルのお部屋から、モンテ・チェルヴィーノが見えました。
出発の日に晴れる、良くあるお話しでございます(無念)。


DSCF4326.jpg
車の車外計が3度(注:8月です)を示す中、向かった先は・・・



f0583983.jpg
Lago blue(青い湖) です。
晴れた日にはモンテ・チェルヴィーノが湖にうつって本当にキレイ。


こういう山は、見えたり見えなかったり、そのチラリズム(?)が
人々を惹き付けるのでしょう、ね。


DSC_0311.jpg
楽しかった~!でも、まだ泳いでな~い!
(注:吠えてません

シフォン、次はス・・・
もー期待しません。


無理に一日の記事にまとめたら、とてつもなく長くなりました・・・。
読んでくださって、ありがとうございます

2009年夏休みCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

ワンコホテル?

2009年09月05日 (Sat.)

旅行記ばかりが続いていますが・・・。
あと少し、お付き合いくださいませ。

今回イタリア訪問、最後の場所は、Breuil-Cervinia (ブルイユ チェルヴィニア)。
なんじゃ?そこは?って感じですよね。

日本でも知られている山、「マッターホルン」は、スイスの
ツェルマットという町から見るのが「王道」らしいのですが、
イタリア側からも見られるんですって~。

というわけで、マッターホルン(ドイツ語)=モンテチェルヴィーノ(イタリア語)
を、南側から見よー!と、山の麓の村、Breuil-Cervinia へと
やってきました。

aDSC_9797.jpg
Breuil-Cervinia の村

でも、村の中のホテルは、ほぼ、どこもワンコ不可。

ちょっと外れのホテルを予約したら、こっちはワンコだらけ
では、イタリア代表のワンコたちをご紹介~。

eDSCF4314.jpg
ジャーマンシェパード、マンゴーくん。
服従主義のパパさんで、かなり厳しい口調で接してました。
レストランでも、他の♂ワンコには吠えては怒られて・・・。


cDSC_0032
ホテルの看板犬、アンセルくんと、シフォン、ではなくて、ゴールデンのリラちゃん。

このリラちゃん、大家族に連れてこられていたんだけど、
ちょっと言うことを聞かないと、頭をバシバシと叩かれてて・・・。
かなりびっくり・・・。

レストランでは、かまってもらえないと、「くーんくーん」と
すぐに鳴いてしまいます。そして、バシッと叩かれる・・・

これは、松葉杖のマダムが散歩に連れ出したところ、
リラちゃんが引っ張り、リードがマダムの手から離れて
自由になり、遊びまくるリラちゃん、の図。
右でマダムが怒鳴りまくってます。

dDSC_0033.jpg
自由になったリラちゃん、芝生でスリスリ~開始。

マダムが怒鳴ってるけど、戻ったら殴られちゃうもん、戻るわけが無いです。
部屋から覗き見している私たちは、「叩くの止めて」と言いたいけれど、
気が弱くて言えず、「リラちゃん、今だ!もっと遊べ~」と応援するだけ。

その後、やってきた男性の足元へ駆け寄ったら、叩かれちゃってた・・・。
なんで叩くのか・・・?そもそも、足元へ来たのに叩いたら、
ますます戻ってこなくなる、って気付かないかな・・・。


bDSCF4304.jpg
オーストラリアンシェパードのブラックくんとメグちゃん。
あれ?みんなお顔が写ってない

とっても素敵な暖かいご夫婦が飼い主さんで、とにかくマダムの話し方が
優しい!何を言ってるか分からないけれど、マダムの可愛らしくて
楽しそうな声につられて、珍しくシフォンが嬉しそうに寄っていきました。
メグちゃんとシフォンに向かって、「カプチ~ノ」と言ってました。
・・・聞き間違いか?それとも、「フワフワちゃん」、とか言う意味があるのかしら?
今回会ったワンコの中で、一番幸せそうでした~。

他に、キャバリアが2匹、ホテルのワンコもう一匹が居て、さながらワンコホテル。





余談ですが、このホテルのオーナーさん、ちょっと面白かったです。
イタリア人だけど、フランス語がぺらぺらの方。去年の夏、
1ヶ月、日本を旅行したらしく、そのときの話を聞かせてくれたのですが・・・。


東京・箱崎から歩いて富士山に登頂した


そうです。とにかく西へ向かって歩いて、川崎・横浜・鎌倉
あたりを抜けながら、10日後に富士山頂にたどりついたって。

日本人として、東京から富士山まで歩いて登る、というのは思いつきも
しなかったので、心底、面白いな~と感動してしまいました。

モンテ・チェルヴィーノも登頂済みの山の男ならではの、武勇伝でした。


話が長くなったので、山でハイキングのお話は、また続きで・・・。




おまけ: 翌朝のお天気。

DSC_9854.jpg
あ・ら・れ


・・・ハイキングは?

2009年夏休みCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

真夏のホラー ○○○が消えた・・・。その2

2009年08月27日 (Thu.)

アドリア海の街、Riminiから、パルマハムとパルミジャーノレッジャーノチーズの街、
パルマに立ち寄りました。えー、ここで一首。


食の街 店がシエスタ とほほのほ

           後悔先に 立たずとつぶやき


違う買い物をしていて、「さーハムハム」、と思って目的のお店に
行ったら、閉まっちゃってました。他のハム屋さんも、全部。残念。

皆さんは、買い物をしたいときには、くれぐれも気をつけましょー。


f1132800.jpg

さてさて、コモ湖です。目的は、ずばり、「シフォンと泳ぐ」です。

・ チンクエテッレ
・ フィレンツェ・トスカーナのホテルのプール(←当然ですが
・ リミニ

と泳ぎを我慢してきたシフォン(&ボク)。

さー、目的は達せられたのでしょうか?

【着いた日】
ものすごく暑い日(避暑地のはずのコモ湖で夕方32度)だったので、
まだ泳いでいる人、多し。湖はワンコ禁止では無いけれど、
遊泳可能エリアが狭めで、嫌がる人も居るかと遠慮し、
「まー明日もあるし」、ということで泳がず。


【そして翌日】
f1152768.jpg
どよ~ん もくもくもく~

雨です(汗)。あっさり諦めて、ホテルから数キロのところにある、
Bellagioという街へ行きました。ジョージ・クルーニーの別荘も
あるらしい、セレブたちの別荘地とのこと。

雨の中、細い石畳の道を歩いていたら、
大きなワンコに出会いました。

f1179936.jpg

ジャーマンシェパードの仲間らしく、犬種名も説明してくれたのですが、
すっかり忘れちゃいました。知ってる方、教えてください~。

とても穏やかな表情をした♂ワンコさんで、体重60kg。
"大型犬"シフォンの倍以上だと、笑いあって、別れました。

ホテルへ戻っても、湖も波があって、泳げる雰囲気ではありません。
そしてデッキへ出て、対岸の街の写真を撮っているときに、
怪奇現象は起きました・・・。

DSC_9701.jpg
狭い山肌に、所狭しと建物が建てられているコモ湖畔です。


この写真をボクが撮り、その後、oiraが別の写真を撮って
デジカメの再生ボタンを押してみたら、

「カードがフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」

とメッセージが。は?今写真、撮ったのに、フォーマットって何さ?

デジカメでの再生が出来ない状態です。

焦って電源を入切し、カードを抜き差しし、パソコンにカードを
入れてみても、同じメッセージ。再生不可能

がーん

どうも、カードが壊れたらしいのです。幸い、マメなボクが、2日前に
データをパソコンにバックアップで入れておいてくれたのですが、
トスカーナ最終日の夜からの写真が、全部無くなりました。

最終的に、カードはフォーマットせずにパリへ持ち帰り、
ネットで必死に情報を探したところ、リカバリーソフトを見つけ、
無事に救出できたのですが。

救出してみたら、1年前に撮った(そして、削除しておいた)写真が
一緒に救出されてきて、なんだか怖い・・・。

真夏のホラー第2弾、デジカメのデータが消えた、
の巻きでした。

皆さんも、旅行中でもこまめにバックアップしましょう。。。
そして、予備のカードも、一応持って歩きましょう。

DSC_9769.jpg
そして、コモ湖の夜はふける・・・。(予備のカードで撮影)




え?結局、シフォンは泳げたかい?って?

aDSCF4273.jpg
今回、湖に最も近づいた瞬間。
荒れる湖から逃げようとする図、でした。


DSC_9719.jpg
また泳げなかった・・・。

シフォン、次は山だぞー。
山なら泳げるの?
・・・・・・。

2009年夏休みCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

世界で5番目に小さい国

2009年08月26日 (Wed.)

は、どこでしょう?

じゃじゃーん。

f1095104.jpg
2008年に世界遺産(←もうイイですって・・?)に登録ホヤホヤの
サンマリノ共和国です。

そういわれると、小さい面積の国トップ5、気になりません?
気になりますよね~!!!

そんな方のために(←ホントは気になってしょうがない自分のために)
調べましたよお。

1.バチカン
2.モナコ
3.ナウル
4.ツバル
5.サンマリノ
6.リヒテンシュタイン
  ・
  ・
  ・

でございます。(出典:外務省HP、世界いろいろ雑学ランキング)
6番目は、知っている国の名前が出たので、足してみただけです

この世界いろいろ雑学ランキングのサイト、結構面白い・・・。

「消費税の高い国」で、日本はランキング外なのに、
「日本 5%」と書いて、「低いでしょ、ニッポン。」と
アピールしているあたり、ちょっとイヤラシイ

おっと、だいぶ話が反れました。

f1045568.jpg

サンマリノ共和国は、こんな感じで山ひとつ(?)が国になっていて、通貨はユーロ。

この国で発行しているユーロ硬貨は、ほとんど市場に出回らず、
コレクターさんたちの手元にとどまっているらしいです。

ユーロ通貨圏にお住まいの方には、おなじみだと思うのですが、
例えば・・・。今日の私のお財布の中のコインは、
こーんな感じで、いんたーなしょなる。
DSCF4675.jpg

この中に、サンマリノ硬貨が混じっている、ってことは、
ほぼ、無さそうです~。

というわけで、お土産屋さんには、サンマリノの硬貨が
セットで売られてました。

f1078272.jpg
昔ながらの日本の観光地のようなお土産屋さんがたくさん。


f1052000.jpg
こちらも景色は、絶景かな~、絶景かな~、です。
奥に見える海は、アドリア海。

シフォン、今日は、あの海辺で一泊だから、とうとう泳ぐぞ。
ビーチ、ビーチ!


さて、シフォンの海デビューを密かに企み、中継地点に選んだ街は、
この写真の上の真ん中あたりにある、Rimini。

海に近く、次の日の高速まですぐ、という理由で、何の知識もなく
たどり着きましたが・・・。驚くほど賑やかな、海水浴場の街でした。

ビーチは全部ワンコ立ち入り禁止。海沿いの道のビーチへの
ゲートからのぞいてみるも、パラソルとビーチベットが並んでいて、
海の姿は見えず。

街並みは、夜遅くまでお店が開いていて、どこかに似てる・・・。
と思っていたら、ハワイのワイキキ

気を取り直して海沿いの道を散歩するも、シフォンがとにかく苦手な
スケートボードパークにぶち当たってしまい、早々に退散。
ワンコ連れで行く場所ではなかったようです(反省)。
下調べは大事ですね。

で、Riminiの写真、撮ってませんでした(汗)

・・・ビーチは・・・?
シフォン、次はコモ湖だ!今度こそ泳ぐぞ~


2009年夏休みCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。