スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

「なるほど」なサンクルー公園

2009年08月13日 (Thu.)

トップお兄ちゃんのおかあしゃんの安全運転で、トップお兄ちゃんの
おうちに行って、一緒にサンクルー公園まで行ったよー。

IMG_9046.jpg
写真:トップ家にいただきました。
サンクルー公園、木々を伐採しまくり中で、残念なの。
Eggiさんが、木がダニにやられちゃった病気だねーって。



ここからは、早速oiraに代わるよー。

お互いオンリードなので、公園についてノーリードになるまでは、
安全距離をとって行きます。シフォンは興奮してしまっているので、
ゆるリードでのんびり歩いているトップくんにすぐ追いついちゃう。

そこで、「チュチュ♪」で足元に戻ってきてもらうわけですが・・・。

今までEggiさんのサイトでお勉強していて実践していたつもりでも、
成功率の低い(と思い込んでいた)わたし。当然、有効に使えて
居ませんでした。

でも、Eggiさんと一緒に練習すると不思議、ちゃんと戻ってくるように
なるのであります。

IMG_9061.jpg
写真:トップ家ご提供。ありがとうございます!

話が急に変わりますが、実は、シフォンは、臆病ワンコなのです。
もともとの性格が繊細だった上、とても静かな環境のブリーダーさんで
育ち、12週目で我が家に来た後、だいぶ怖がりな様子を見て、
「仔犬のうちに色々慣れさせなくちゃ、急がなくちゃ、急がなくちゃ、時間が無いよー」
とあせり、怖がる場所、怖い音がする場所にも
無理やり連れて行きました。慣れてもらおうと無理強いしました。
今思うと、一生懸命カーミングシグナルを使って、私に訴えてました。

その結果、さらに怖がりなワンコにしてしまいました。
「仔犬のうちにとにかく色々なもの慣れさせ、社会化させること」、と
いう、しつけ本を読み、かなりの無理を強いてしまいましたが、
シフォンのようなワンコには無理強いは一番のタブーだったのでした。。。

そこで、Eggiさんに相談させていただき、少しずつ
「怖いものリスト」を短くできるよう、リハビリ中なのであります。

IMG_9057.jpg
写真:引き続き、トップ家の提供でお送りしております。
トップお兄ちゃんのバトン、またまた拝借中。(←破壊中の間違いでは?)


で、なぜこの話を今したかというと、シフォンは、
臆病ゆえに、「自信が無い」、というのも事実です。

今までは、「チュチュ」は、

*リードが伸びる直前or伸びたところで「チュチュ」
*シフォン、立ち止まる(リードが張ったから止まったのかも)
*もう一度、二度、と「チュチュ」
*戻ってくる(または、戻ってこないので、さらに「チュチュ」)

という誤った使い方をしていました。
「シフォンには「チュチュ」が聞こえないのかなー、
私、「チュチュ」下手だし」とか思ったりしながら。

でも、

*シフォンには、ちゃんと「チュチュ」は聞こえてます。
*「チュチュ」を一度したら、止まって待ちましょう。
*で、シフォンに考える時間を上げましょう。
*「チュチュで戻る」という判断を自分でする時間です。
*そうすることで、自信をつけることにも繋がるし、
*次第に戻ってくる時間も短くなるはず。

とアドバイスをいただきました。

一度で戻ってこないときは、十分に待ってあげてから、
もう一度「チュチュ」しても良い、とのこと。
すると、一生懸命考えていますが、だいぶ
戻ってくるようになりました。

思わず嬉しくて顔が崩れすぎてしまい、Eggiさんと
トップくんのおかあしゃんに笑われました~。

百聞は一見にしかず。

本当です。このサンクルー公園のお散歩で、
何度「なるほど」と言ったことか。

また長くなったので、続きます・・・。

スポンサーサイト

おともだちCOMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。