スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

ピレネー山脈麓を横断、の巻き

2010年05月19日 (Wed.)

今日は、長文です


ますます好きになったバスク地方を後にして、
ピレネー山脈麓を横断して地中海側を目指します。

が、一気に行くのはもったいない&遠いので、途中で
ちょっと立ち寄りつつ、です。

一つ目の目的地は、聖地・ルルド

RedB (90)
どんよりしたお天気


向かう車中で「地球の歩き方」を読むと、フランスにおいて
パリの次にホテルの数が多いのは、なんと、ルルドとのこと。

うっ。ということは、人が多くて、シフォンには辛いか?
(シフォンは人混みが得意ではありません)

そう思いながらも、向かったところ・・・。



RedB (80)
泉に向かう参道にも確かにホテルがたくさん。お土産やさんも。


「聖地」から想像していた静かな場所、との予想に
反して、この人の多さはすごい・・・。


NoirB (7)
ぞろぞろと・・・



マリア様が出現したといわれる泉は、聖域のため、犬は立ち入り禁止です。
これは、訪問前から想定していました。

なので、ボクとoiraと交代で聖域に行ってきて、
片方がシフォンと一緒に門の外で待っているわけですが・・・

RedB (83)

こんな感じで小さなグループが旗を持ったり、おそろいの格好をしたりして、
歌をがなりたてながら聖域に到着するんです。

歌ってません。がなりたててます。
みんなジャイアンみたい。

聖域には、歌いながら到着することになってるのかな・・・?
泉を発見した少女・ベルナデットの名前だけは聞き取れました。

が、ありえない音量で、若者のグループが入り口でかち合うと、
お互いに負けないように音量を上げてるし。


RedB (81)
大きな音が苦手なシフォンには、辛すぎた・・・。ごめんよ。。


他に訪れた巡礼地などは、本当に静かなので、ちょっと驚きました。

泉のお水をいただき、早々に退散することにして、駐車場へは、来た道を
避け、人が少ないところを歩きましたが、シフォンは「怖いよスイッチ」が
入ってしまい、ひたすら早足・・・。


この日は、ルルドから少し離れた温泉地、Bagnères-de-Bigorre という街に宿泊。

スパ施設風の温泉(参考まで)で飼い主はのんびりし、その間、シフォンはホテルで休憩。
夕方のその時点で宿泊客は私たちだけ(爆)。
とーーーっても静かで、落ち着いて休めるかな?
といいつつも、2時間の券を買ったのに、やっぱりシフォンが気になって、
1時間で出てきちゃったんですけどね・・・。
この地方にお越しの方には水温も高めの温泉でオススメです。



さて、翌朝 晴れたっ

NoirB (30)
お部屋からピレネー山脈が


RedB (105)
そして、朝から(ほぼ貸切の)ホテルのお庭を
快走するシフォンとボク


最初、ピレネー山脈を目指したとき、ハイキングも出来るか調べたのですが、
ハイキングコースは国立公園内にあり、犬立入禁止ゾーンが多かったのです。
というわけで、ハイキングはあきらめ、山は眺めるだけにしました。

出発後、ホテルでもらった地図で見つけた「ビューポイント」を目指します。


RedB (120) RedB (123)
んっ 気持ちいいドライブー  あっ。雲が出てきた・・・




と思っていたら、
RedB (126)
何も見えないっちゅーの


あっという間の出来事で、怖かったー。
山の天気は変わりやすい、の代表例でした。
皆さんも気をつけましょう~

ちなみにこの峠は、ツールドフランスのコースに
良く選ばれている峠だそうです。



峠を越えて着いたビューポイントは、
DSC_3718.jpg
平地にある小さな丘の上。



ビューポイントが山の上にあるとは限りません(笑)。
DSC_3683.jpg
山、どっち?




途中で立ち寄ったとても古い村のこの建物
DSC_3739.jpg
さて、なんでしょう?



答えは
DSC_3746_20100519211821.jpg
郵便局でした。なんと可愛い・・・



そして、今日のもうひとつの中継地点を目指します。
DSC_3773.jpg
山をひたすら登っていくと、雪山に近づいてきました。




その中継地点とは
DSC_3789_20100519211821.jpg
ご好評をいただいております(?)小国シリーズ、アンドラです。




雪山の中に開かれた
DSC_3791.jpg
一大ショッピングタウン(タックスヘイブン)です。

お酒・タバコなどが税金無しで買えるためか、スーパーやお店だらけ。
道は、フランスナンバーの車で埋め尽くされていました。

でも、それを買いに来るには、ちょっと、どこからも
遠すぎるような・・・

我が家はお酒もタバコも消費しないので(爆)、何も買わず、
「アンドラに行ったよ」というだけで、下山してきました(あはは)。

ちなみに、獣医さんでドッグフードやフロントライン、
コングなどもお得になって売っていましたよ(笑)。


シフォン、山道が続いてちょっと疲れた?
RedB (146)
うむ、くるしうない。


山道を走り続け、ようやくピレネー山脈を後にし、
無事に地中海側に着きました。



NoirB (57)
ほっ。ピレネー山脈は遥か遠くに・・・。

スポンサーサイト

フランス国内の旅COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。