スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

"ひなわくすぶる"革命記念日

2010年07月16日 (Fri.)

えー、ワンコブログではありますが、時々、パリっぽい
様子もお知らせしたくなる、このブログです(笑)。


7月14日は、1789年に起きたフランス革命の記念日です。
「火縄くすぶるバスティーユ」って覚えましたなあ。
あれ?日本語では「パリ祭」って言うんですか、そうですか。

DSC_8372.jpg
去年の軍事パレードの様子(テレビ画面です)


7月14日は行事が盛りだくさん。正確に言うと、前日から
花火やら、消防署のパーティーやら(これは恒例らしい)があって、
当日朝は、シャンゼリゼで軍事パレード、夜は、エッフェル塔で
花火大会。年によっては、花火が始まるまで(日が暮れるまで)
無料コンサートもあります。


DSC_8365.jpg
戦闘機が撒いたトリコロールの煙の跡。これは家の窓から(去年の写真です)


パリに来た年、到着して2週間でこのお祭り騒ぎでした。

戦車がシャンゼリゼを誇らしげに走り、戦闘機がトリコロールの
煙をあげながら空を飛びまわる姿に、フランスは「軍事国家」なんだ、
と恐ろしささえを感じたものでした。今や軍隊の無いニッポンから
来た若者(?)には、ショッキングだったのです。


DSCF3853.jpg
パレードを終えた(?)戦車。一般道を走ってます(爆)。これも去年の写真。


最初の年は、花火を良い場所で見ようと、シャンドマルス
(エッフェル塔の前の公園)で、18時半から場所取りしたりも
しました。ちなみに花火は、23時頃から30分間(爆)。

DSC_4809.jpg
これで、22時45分です。これ↑以降は、全部今年の写真(笑)。


なんで、去年の写真ばっかりかと言うと・・・
今年は、激しい雷雨だったんですね。
で、ボクは朝からゴルフで不在だし、私は頭が痛い。
ということで(?)パレードが行われている朝の時間、
雷雨の音を気にしながら、休ませていただいてました(爆)。


7月14日も、気付いたら今年で5回目。初々しさのかけらもなくなり、
楽しみにしている気持ちも、だいぶ減っちゃったみたいで・・・。


DSC_4992.jpg


それは良くない!と、雨が止んだ夜、花火を見に行ってきました。すぐに
帰れるように(笑)人で溢れる公園には入らず、手前の歩道から見ました。
が、じゅーぶん、じゅーぶん♪


去年、一昨年は、シフォンのことを考えて、家に居ました。
花火が高~く上がったときだけ(爆)、見えるんです。
シフォンは私たちの足元でじっとしてました。


花火が終わって、群集にまぎれる前に、直ぐに家に帰ってきましたが、
シフォンは、1時間弱のお留守番。戻ってきても落ち着いた様子でした。
もう、すっかりお風呂場が「避暑地&安全な場所」になったようです。


DSC_5019.jpg


ただ、この日は、1年で唯一(かな?)花火&爆竹をしても良い日。
花火の帰り道、アホども開放的な気分になった若者達が
嬉々として所かまわず爆竹を仕掛ける音が、本当に酷い。

それでも、公共の場所では爆竹はダメ、って警察は言ってるんですけどね・・・

爆竹の音には、ハアハアし始めちゃいましたが、鳥の煮汁氷を
ペロペロさせてあげたら、すぐに落ち着きました。
すごいぞ、シフォン。そしてすごいぞ、ペロペロの効果。


運の良いことに、今年は花火前のコンサートが無く、人が少なめ。去年は、
フランスの大御所スターの無料コンサートで、すごいことになってて、
その様子を撮影するヘリコプターも飛びまくってて、シフォンには辛かった。

今年は花火が終わって30分で、また雨が降り出したので、爆竹もやや少なめ。

去年に比べて、だいぶ静かな7月14日でありました。
シフォンも、今年は、だいぶ落ち着いていました。


花火もわりと地味でしたが、ラスト1分の盛り上がり部分(笑)の動画です。
あ、あれ?花火が下のほうに集中し過ぎてて、あんまりエッフェル塔が見えませんね・・・

(注)音が出ます。花火の音が苦手なワンコさんが居るおうちの方、
   音量に気をつけてくださいね。





スポンサーサイト

フランス -人・語・生活COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。