スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

近所のおばあちゃん

2011年04月21日 (Thu.)

ありゃ?記事が消えちゃいました。再度アップします。
-------------------------------------------------



同じマンションに、80代(推定)の素敵なおばあちゃんが住んでいます。

毎日のように会う時期もあれば、何ヶ月も会わない時期もあります。
久しぶりに会うと、

「日本に帰っちゃったかと思ったわ~。おー、ほ、ほ、ほ、ほ、ほ。」

と、素敵に笑ってくれます。


シフォンは、この笑い方がニガテみたいで、おばあちゃんが

「そろそろ私にも慣れてくれたかしら?」

と手のひらをクンクンのために出すと、シフォンは私の後ろに回って、
膝の間から顔を出して恐る恐るクンクンします。
これで、またおばあちゃんが大ウケして

「おー、ほ、ほ、ほ、ほ、ほ。まだみたいね~。ほんと、このコ、面白いわぁ~」

と、ゆっくり歩いて去っていきます。

昔、おばあちゃんとエレベータが一緒になったときに、
一度だけ乗りたがらなかったことがあります。
その後は、何の問題もなく乗れてるので、

「成長したのね~。えらいわね~。おー、ほ、ほ、ほ、ほ、ほ。」

と誉められるようになりました(笑)。



そんなある日、おばあちゃんに、

「それくらい太いリードを使ってくれると、私でも見えて助かるわ~。」

と言われました。いつもの3mのリードです。


「細い透明なひもみたいなの、あるでしょ?あれにね、見えなくて、
つまづいて転んじゃったの。そうしたら、飼い主さんにね

『マダム、ちゃんと足をあげて跨いでくれないと』

って言われちゃったのよ。」

「うわー!それは酷い!!!」と怒る私。

「そうよね~。ちょっと優しくないわよね~」


多分、巻き取り式のリードのことじゃないかな~、と思うんです。
こちらは、ノーリードの人も多いから、飼い主さんと犬が離れていて、
しかも、あまり視力の良くない方には見えにくいリード、
繋がっていないと思っても仕方ないでしょう。。。


誰からも見やすいリードっていうのも大事だし、
リードの使い方もやっぱり大事だな~、と思った一件でした。



おまけ。

夏のように暑い日が続くパリ。韓国スーパーで買った
ロッテのアイスで涼みましょう~。
DSC_8162_20110429080800.jpg

シフォンは外から舐めました(笑)。

スポンサーサイト

日々の出来事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。