スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

アルザス 早足 街歩き

2010年01月19日 (Tue.)

さて、宿泊地、Riquewihrに着きました。ここは前回(3年前)訪問時、
とても気に入ってしまい、クリスマスの時期に来てみたいと
思ったきっかけになった村です。

前回とっても気に入った、細い路地で見つけた窓辺。
季節が違うから飾っているお花は異なるけれど、雰囲気は変わってませんね~

DSC_2219.jpg  DSCF1426.jpg
↑2009年12月の写真                 ↑2007年3月の写真

この窓辺の美しいレストランで食事しました。
隣に座った夫婦が、ゴールデン2匹&ウェスティー2匹と
暮らしてるそうで、シフォンを見て話しかけてきました。
ワンコペンションに預けて旅に来ちゃったから、思い出しちゃったーって。

そしたらこのご夫婦の"いとこ"が偶然に、お店に現れました。
「奇遇ね~」なんて会話が聞こえてきました。

翌朝、村のメインストリートで、このいとこにバッタリ。
さらに、立て続けにこのご夫婦にもバッタリ。

あはは。村、小さすぎ~。

DSC_2208.jpg
-18度まで冷えて、噴水がカチコチに凍った晩も、


DSC_2214.jpg
翌朝は、ぴーかん。でも、さむっ。

DSC_2215.jpg
朝日も雪も、まぶしー
ブドウ畑に囲まれた村なのです


とても小さな村だけど、この時期、人出が凄かったので、シフォンは
ホテルのお部屋で休んでてもらおうと思っていました。


DSC_2272.jpg
Riquewihrのメインストリート

ところが、今回宿泊したホテルでは、チェックインの際に、

「絶対にワンコを部屋に置いていかないでください。
朝食に行くときでもワンコは連れて行ってください。」

と言われました。ホテルはワンコOKでもレストランはNGです、と
言われたことはあったのですが、逆は無かったのでちょっと驚きました。

ひとりで置いていかれて吠えちゃうワンコが居たのかな?とか、
火事とか悲しい事件があったのかな?とか

考えましたが、人混みが苦手なシフォンに無理にならない程度
に、短時間で村を一緒に散策したのでした。


DSCN1180.jpg

Riquewihrを後にして、すぐ近くの、同じくブドウ畑に囲まれた村、
Ribeauvilleに来ました。

でも、やはり人が多く、そろそろシフォンが限界になってしまいそう
なので早々に退散。

Kaysersberg、Riquewihr、Ribeauville の3つの村は、フランス人に
薦められた「クリスマスの時期に訪れるべき村ベスト3」でありました(笑)。

さて、最後はStrasbourg 

ライン川沿いの、欧州議会がある大きな街ですが、
旧市街は世界遺産に登録されているそうです。

シフォンは、ホテルでお留守番&休憩。

DSC_2299.jpg
街のシンボル、大聖堂


DSC_2311.jpg
古~い木組みの家々

DSC_2324.jpg
こちらはPetite France(小フランス)というエリア
あまりフランスっぽくありません(爆)が、美しいゾーンです。

DSC_2327.jpg
今は凍っていますが、夏はボートに乗ったりしたら気持ち良さそうです



シフォンが待ってると思うと、街を見てても、
やっぱり早足になってしまいました。


DSC_2330.jpg
焼き栗屋さん。シフォンにお土産に買いました。
思った以上に美味しいです♪


夜の景色は、こちらの記事をご覧くださーい。


おまけ。

ストラスブールからドイツへは、ライン川にかかるPont de l'Europe
(ヨーロッパ橋)を渡って車で5分。

ドイツ側のほうが物価が安いらしく、ドイツへ買い物に行くフランス人も
多いらしい、と聞きました。ユーロって凄いですね・・・。

せっかくなので、お隣の町、Kehl(ケール)へ行ってみました。

DSCN1220.jpg
国境通過~あたしのパスポート、やっぱり見てもらえないのね~

スーパー、ホームセンターが一体になっているショッピングモールを
思う存分歩き回り、外国のスーパー大好きなoiraは、目をランランと
輝かせて楽しんできました。

ちなみに、駐車場に停まっている車の半分は、フランスナンバー。
シフォンとボクは車で待機(お昼寝)でした(笑)。


もう一件、ネットで調べておいて、恐る恐る行ってみた場所は、
ペットフード&おやつの工場直販所(?)。

詳細は、こちらのペットグッズショップ情報の記事に追記しまーす。

車から降りると、ペットフードのにおいがしてました。

小さなお店の中で、オヤツもフードももの凄い量で売ってます。
色々と、干しもの系(?)が充実していました。大きなお米袋サイズ
いっぱいに入った、ブタの耳(爆)にちょっとビックリ。
クッキーの量り売りもあり、シフォン好物の「牛の肺」も発見♪

そして、「耳」なのは分かったけれど、何の動物か分からず、
恐る恐るレジで聞いてみたこの製品。

DSC_2409.jpg
くんくん お初のかほり


さて、ここでクエスチョン(ぶっ。再び、「世界ウルルン滞在記」?)

これは、何の動物の耳でしょう?


DSC_2421.jpg
おいち♪

シフォンは気に入ったようです。

答えは、次回の記事にて(爆)


だらだらと長い旅行記におつきあいいただき、ありがとうございました福助

スポンサーサイト

フランス国内の旅COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ウサギですか~?
あ、鹿かな?
スルメみたいでおいしそう。
うちの娘はワン達のオヤツを全て味見します。
おいしいのは横取りします。
そのくせ、野花の気持ちはよくわかる、と言います。
(両方とも末っ子だから)
シフォンちゃんはゆっくり一人で食べられて
いいですね~。

No:335 2010/01/21 10:02 | レオンママ #t50BOgd. URL [ 編集 ]

そのおやつ私も時々買います。
でもそれが耳だったとは知りませんでした。
うーん、レオンママさんと同じ答えだけど、ウサギかな?

No:336 2010/01/22 09:54 | プラハ汁 #- URL [ 編集 ]

レオンママさん、ご名答ですe-230

うさぎでした~。さすがです♪

どこの部位も無駄にしないという点で、耳はワンコに、
というのは良い考えですよね・・・。

ボクも全部味見するのですが、ウサギの耳と、
強い牛の肺は、まだのようなので、
今度、促してみようっと。。。

野花ちゃん、レオンおにーちゃんに負けずにがんばれ~!

No:337 2010/01/22 18:40 | oira #- URL編集 ]

プラハ汁さんも、ご名答です~e-231

コムギちゃんも、同じもの食べてるなんて、嬉しいです~。
パリパリパリ、って感じですよね。結構食べやすそうで。
こちらフランスでは、まだ見たことがないかもしれないです。

No:338 2010/01/22 18:42 | oira #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。