スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

虫下しのおくすり。

2010年02月19日 (Fri.)

ヨーロッパのワンコでおなかピーヒャラが大流行(?)のようです。

ブログに書きそびれましたが、お腹が丈夫なのがチャームポイント取り柄の
シフォンも、先週2度もピーヒャラしちゃってました。

一度ピーヒャラしたら、24時間断食を開始して、かなりこまめに外に連れ出して
出してあげて、悪いものは全部出してもらっちゃうようにしてました。
(シフォンは、トップくんのように、ドアをガリガリして教えてくれないんです・・・
その代わり、ソワソワと落ち着かなくなり、一箇所に落ち着いたと思ったら、
妙にジーッと私を直視するのがサイン(汗)だと気付きました)

ちょっと立て続けだったので、獣医さんの予約を、と思っていたところ、
無事に治ったので、もう、大丈夫そうです。

DSCN9820.jpg
再び毛布のお世話になりました


で、るーくままさんの所に残したコメントが、ちょこっと不安を与えて
しまったような気がするので、虫下しについて書いてみることにしました。


我が家は日本でワンコと暮らしたことが無かったので、シフォンの
ブリーダーさんと、獣医さんの意見に素直に従っていて、これがフツー
なんだと思ってしまっていたのですが、これはフランス方式なのかも?


虫下しとノミダニ予防薬は、獣医さんに行く度に、
きちんと行っているかどうか、聞かれます。

そして、虫下しについては、獣医さんとブリーダーさんで、
与える頻度について、意見が分かれていました。


【仔犬のうち】
獣医さん    月齢6ヶ月まで、毎月一回
ブリーダーさん ほぼ成長が終わる1歳になるまで、毎月一回

【その後】
獣医さん    年に4回(季節ごと)
ブリーダーさん 年に2回


仔犬のうちは毎月、出来れば毎回違う薬を、ということで、毎月薬局に行っていたら、
薬局の人に「毎月あげるなんて、聞いたことがない」と呆れられました(爆)
私の顔を見て「あら、もう一ヶ月たったの?」って言われましたし(笑)。


でも、ブリーダーさんに「本当は6ヶ月までで良いんだけど、大事な成長期に、
悪い虫に成長を邪魔されたくないから、念のため1歳まで与え続けてね」と
アドバイスされたので、素直に従いました。その間、実際、ピーヒャラは
一度しかしたことがありませんでした。

DSCN9834.jpg
健康手帳の記録欄に、日付と何をあげたか書いてます。
この「Drontal P」「Lopatol 500」に加え、箱はありませんが
「Milbemax」「Panacur500」という薬等を交互にあげています。
特に毎回薬を変えなくても良い、という意見もあるようです



1歳以降は、獣医さんとブリーダーさんの意見の間を取って(爆)、
年に3回、あげるようにしてました。


が、去年末の犬生2回目のピーヒャラ時に、獣医さんから、症状が治まったら
念のため、一度虫下しをあげて置くように指示され、与えました。


なので、今回もピーヒャラが治まったときに、念のためもう一度、という感じでした。


特に、シフォンは水で泳ぐし、水溜りのお水も飲んじゃうワイルドなコだし、
虫下しは大事だな~、なんて、思っていたのでした。


でも、日本からワンコを連れて来ていた友人も、特に虫下しは
してないよ、と言ってました。

日本では毎月フィラリア対策、されるんですよね?
ここでは無し、ですし。。。

やっぱりお国によって、違うのかなー?
そこは、飼い主さんの判断で、ということで・・・。


なんだか長くなっちゃいましたが、虫下しのお話でした。

スポンサーサイト

シフォンですCOMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

私も虫下しはフツーだと思っていました
1歳までは毎月、今は年に2回やっています
家はDrontal Pです シールを貼るのが楽しみなんです
日本のワン友さんが「フェラリア」予防をしていると
知った時ビックリして、獣医さんに慌てて問い合わせ
ました カマルグ地方に住んでいるんだったらやった
方がいいけどね~ との答えが帰って来ました
トップもピ~ヒャラが落ち着いたので虫下しあげなきゃ

No:415 2010/02/19 16:56 | トップ #- URL編集 ]

虫下しってあげたことないです。

うちはノミダニのお薬を毎月首の後ろに垂らして
フィラリアのお薬は年に5月~12月の8回です。
でも東京の親戚のワンコは1年中飲んでますよ~。
2年くらい前から冬でも蚊に刺されることがあって
うちも毎月に変えたほうが良いんじゃないかと心配しています。
実家のワンコは最後はフィラリアだったので・・(T_T)

シフォンちゃん、もうお腹大丈夫??
そちらは寒いから気を付けてね~!!

No:416 2010/02/21 15:52 | リズママ #- URL [ 編集 ]

トップさん、こんばんは♪

おおお!トップくんも1歳まで毎月でしたか~。
薬局で「過保護だな~」位に思われていたようだったので、
お仲間が居て嬉しいです♪私もDrontal Pが一番好きです。
やっぱり、シール貼れるから(爆)。

カマルグ地方ではフィラリア要注意、なのですね。でも、
パリにも蚊は居ますよね・・・?

虫下しを定期的にあげるのは、特に、農業国フランスで
必要なことなのかも知れませんね。

No:417 2010/02/21 20:09 | oira #- URL編集 ]

リズママさん、おはようございます♪

やはり、日本では虫下しはせず、ノミダニとフィラリア予防がマスト
なのですね。ロボちゃん(ですか?)は、そうだったのですか・・・。

我が家はノミダニ薬に加えて、ダニが仲介するピロプラズマ症の
ワクチンもしています。これは、獣医さんと飼い主さんの判断
なのですが、毎年やってもらっています。それと、イタリアへ
行った去年の夏は「ダニ・蚊予防の首輪」というのも装着しました。

というわけで、やはり、お国に変われば・・・。なのですね。
またまたお勉強になりました!

シフォンのお腹は、もう完璧です!ご心配、ありがとうございます。
だいぶ日が長くなり、暖かくなってきました~。


No:418 2010/02/21 20:22 | oira #- URL編集 ]

うちもDrontal Plus だった!
でもシールはなかった!(爆)
今度狂犬病の予防注射で行く時に、虫下しについてちゃんと聞いてこよ~っと。
ありがとね、勉強になりました♪

No:419 2010/02/21 22:06 | るーくまま #- URL編集 ]

あはは、私のコメントでしたね。
コムギも小さい頃は獣医に行く度に聞かれてたんですけど、虫下しのタイミングで下痢をすることが多く、(実際は別に原因があったかも)虫下しが体に合わないのかなという憶測もあり、ちょっと敬遠してたんですよ。
でも皆さんの話を読んでるとヨーロッパでは必要なのでしょうね。今週は予防注射だから薬ももらってこようっと。

No:420 2010/02/22 18:29 | プラハ汁 #- URL [ 編集 ]

るーくままさん、こんにちは♪

Drontalは、Bayer社のようですね。さすがご本家。
こちらのは、箱に「お肉味」って書いてあります。
シフォンは飲み込んでますが・・・
シール、送りましょうか(爆)?

おお、ちょうど予防接種のタイミングなら、
聞きやすいですね~。
ドイツも定期的に、なのかな~?

No:421 2010/02/23 15:04 | oira #- URL [ 編集 ]

プラハ汁さん、こんにちは♪

確かに、ピーヒャラのタイミングからすると、
虫下しのお薬が原因か?と、思いますよね。
シフォンもノミダニ薬で、明らかに合わなくて
痒がるものがありますし・・・。

コムギちゃんもちょうど予防注射!
みんなグッドタイミングでしたね♪

No:422 2010/02/23 15:07 | oira #- URL [ 編集 ]

国が変われば予防薬も色々なんですね~。

るっくんは年1回の混合ワクチン、狂犬病予防接種。
それとフィラリアのお薬はシーズン中あげていますが、
このお薬には回虫などいわゆる虫下し(?)の成分も入っていて
野山を駆け回るるっくんにはこちらの方がいいのでは?って
獣医さんに勧められてそれ以来このお薬を使っています。

ノミダニは農薬を体に散布するような物だとどこかで力説されているのを見て以来、
怖くなって使うのをためらって止めてしまいました(^^ゞ
代わりに別な対処法をとって、散歩後は入念にチェックしてしのいでいます。
ワクチンもお薬も痛し痒しなところがありますよね。

蚊とノミ、ダニのいないところに住みたいかも・・・。

No:423 2010/02/24 07:53 | オリーブ #- URL [ 編集 ]

オリーブさん、おはようございます。

ほんとに、色々ですよね。気候も湿度も違うから、
対策も変わってくる、ということのようですね~。

フロントラインの危険性を指摘する記事は私も読んだことがあり、
アロマオイル等で代用することも真剣に考えた時期がありました。

が、ある日、ボーボーの草むらを走りまくって帰ってきたあと、
全身くまなくチェックして、OK!と思ったら、翌朝、ボクが
シフォンをなでなでしていたら一匹隠れてたダニを見つけた、
というゾーッとする事件がありまして・・・。

やはりシフォンは被毛が長いので、そこに隠れてしまって、
発見が遅れ、深刻な病気にかかるよりも、対策をした方が良い、
という結論になったのでした。

ちょうど先日も、エッセンシャルオイルで出来ている安全な
ノミダニ対策を見つけたのですが、効き目は?という感じで・・・。

ホント、判断が難しいなあ、と思うこのごろです。

No:425 2010/02/24 19:19 | oira #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。