スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

川のほとりへ

2010年03月10日 (Wed.)

週末、パリを抜け出して、ロワール川のほとりへ行って来ました。

といっても、車でたった1時間半。東京にお住まいの方が
「週末、ちょっと箱根へ」って言うくらいの感覚です(笑)。
温泉は無いけれど(涙)。


DSC_3162.jpg
運河沿いの素敵な散歩道。
こんな太鼓橋をいくつか越えて、のんびり歩くと

ロワール川に出ました。
DSC_3189.jpg
きもちいーねー。
ねー。あの橋まで歩こうね。


こちらの橋、一見、フツーの橋に見えますが、実はすごいんです。
DSC_3205.jpg
エッフェル塔を作ったGustave Eiffelさんの設計です。


Le pont-canal de Briare という、ロワール川の上を跨ぐ
DSC_3217.jpg
運河になっている橋なのでした。100年以上前に作られました。

川の上に運河。夏には船で運河の上を渡れるようです。

それにしても、ロワール川の水量がかなり多いです。
なぜなら、その一週間前に、フランスを暴風雨が襲ったから。


DSCN0268.jpg
ホテルの庭で、根こそぎ倒れた木。
「根こそぎ」ってこういうことか・・・と、改めて知った瞬間です。


DSCN0272.jpg
途中でボキッと折れてしまった木も・・・。


根こそぎ倒れた木が10本以上あり、他の場所でもあちこち
倒れた木を見かけ、自然の恐ろしさを目の当たりにしました。



そのおかげ(?)で、
DSCN0309.jpg
ホテルの大きな庭は、バトンだらけ


気がすむまで
DSCN0368.jpg


好みのバトンを選び放題でした。
DSCN0311.jpg
レトリーバーのシフォン、ご満悦です



oiraの姿が見えなくなったら
DSCN0318.jpg
鼻で一生懸命探してます


垣根を飛び越えたくても、飛び越えられず
DSCN0328.jpg
ボクにつられて

ジャンプ
DSCN0329.jpg
(ボクもシフォンも)良く出来ました~。


とても楽しかったらしく、
IMG_0302.jpg
部屋に入っても、珍しくすぐに外に出たいシフォン


静かで広くて、新しいニオイがプンプンして、バトンだらけのお庭、
とっても気に入ったみたい。

続く

スポンサーサイト

フランス国内の旅COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

(*'▽'*)わぁ♪

素敵な所ですね~ エッフェルさんの作った橋が
あるなんて知りませんでした 私もここをお散歩したいです 
まさに根こそぎv-12 この間の嵐はこの地方ではこんなに
凄かったのですね 

お2人とも軽々と垣根を飛び越えていらっしゃる 
隠れている「ボク」さんのお顔が見たいで~す

シフォンちゃんは正真正銘のバトンワンコになったね
バトンを銜えている時も笑顔を忘れないってこれこそ
バトンの心でつ 先生は嬉しいよ と。

No:437 2010/03/10 22:04 | トップ #- URL編集 ]

トップさん、こんにちは♪

そうなんです~。あまり、下調べもせずにホテルだけ決めてみたら
エッフェルさんの橋があり、現地に行って見たら素敵な散歩道があり、
と、私達も驚いたのでした(笑)。暖かい季節にもう一度行って見たい
と思う場所でした~。

垣根を飛び越えるボクの顔は、必死?笑顔?どっちでしょー?

トップ師範、
「バトンの心」をようやく理解したと認めてもらえてうれしーです。
今度、「どーじょーやぶり」にまいります。し。

↑シフォン、恩を仇で返すのはやめましょー。お。


No:438 2010/03/11 15:36 | oira #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。