スポンサーサイト

--年--月--日 (--.)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  TOP

ドロミテへ。

2011年09月26日 (Mon.)

St. Moritzを後にして、イタリアのドロミテへ向かいました。

スイスからそのまま真東へ向かえばもう目的地のはずなのですが、
オーストリア経由の道。が、一歩も歩かずにそのままぶーん
イタリアに入国したので、シフォン、12カ国目はカウントならず。

イタリアに入ってすぐに気づいたのは、道路以外は、見渡す限りリンゴ畑だらけ
なのと、道路標識や看板が、全部ドイツ語で書かれている事。

無知なままで行ったのですが、ここ(南チロル)は、イタリアだけどドイツ語圏
で、びっくり。ホテルで働く若い女性に聞いてみたら、
「学校で習うのでイタリア語も話せますが、ドイツ語の方が私には楽です」って。
知りませんでした。オーストリア国境からすぐのこの場所は、
wikipediaによると、複雑な歴史をたどった地域でありました。




今回ここで、注目を浴びる対象は、コチラ。
DSC_1206.jpg
Rosengarten という、ドロミテ西部にある山塊です。
普通に木が生えている山なのに、ある高さから、急に切り立った岩山に
なってしまっているのが、このドロミテの不思議な光景であります。



ホテル周辺は、緑だらけで、ご機嫌シフォンさん
DSC_1223.jpg DSC_1226.jpg
DSC_1227.jpg DSC_1228.jpg




朝露の中を散歩して、気持ち良さそう
DSC_1230.jpg



ここのエリアは、本当に情報が見つけにくくて、見つけてもピンと
来ない事が多くて、正直に言って、行くまで、どういうハイキングが
できるのかわかりませんでした。が、やっぱり、行けばなんとかなるもの。
現地でハイキングマップを買ったり、ホテルで聞いたりして楽しめました。




初日は、ホテルの人おすすめの、初心者コース。
Rosengartenを映すWuhnlegerという池を経由して、
Voelsegg Spitzという山頂を目指します。




あのRosengartenを山の上から眺めようではないか おー。
DSC_1250.jpg




ホテルの裏から登り、
DSC_1252.jpg





木立の中へ入って行くと
DSC_1253.jpg




いきなり、まさかのスリスリクネクネゾーン
DSC_1254.jpg DSC_1258.jpg
いやいやいやいやいや。シフォンさん。今日はまた特別に真っ黒ですけど・・・。




シフォンのお腹とはうらはらに、キレイな景色♪ だいぶ登ってきました。
DSC_1264_20110926221145.jpg




パッと見、ただの芝生が広がっている場所なのに、
DSC_1292.jpg
実はしっかり水たまりがありました。ほんと、シフォンの水ドロセンサーは優秀ですよ。




ここを過ぎると本日一つ目のチェックポイント、Wuhnleger でございます。
DSC_1289.jpg
あーれー すごい雲だ。晴れている日はこんな感じ ページの中程をご覧ください
ここでは泳げませんよ~



実は、ここまで、ものすごい上り坂。ホテルが1000mちょっとの所にあって、
ここが1402m なので、400m弱登ってきましたよ。





えー、ここで突然ですが、もう、山頂手前の山小屋前広場です。
DSC_1321.jpg
その間の写真は、ありません。なぜなら、ずっと急な上り坂で、
写真をとる余裕が無かった(爆)。




そして、Voelsegg Spitz(1834m)へ。
DSC_1370a.jpg
山小屋から100m登ったら、さらに雲に包まれてしまいました・・・。
30分程待つも、雲は続々と涌いてくるようだったので、下山。



がんばったのに、けしきみられず、あはは、だね。
DSC_1366_20110926234836.jpg
こんなに汚れてたらホテル帰れないよ・・・



山小屋前広場まで戻ってきて、雲が晴れるのを少し待ちましょう。



りんごお~~~  ちょ~~~だい
DSC_1387a_20110926235600.jpg DSC_1390a.jpg
注:よいこはまねしてはいけません。        ジャンピング キャッチ


ちょっと待ったけど、雲はさらに増えてきたので・・・。
DSC_1398_20110926235554.jpg
あきらめましょう。


本当は、さらに景色を楽しむ周遊コースへ向かうつもりだったのですが、
あの登ってきた道を下る+さらに歩くのは体力的に無理と判断し、素直に下山


こーんな所を登ってきたので、行きには写真、撮れませんでした
DSC_1403.jpg




今回、ボクとoiraは学びましたよ。
DSC_1413.jpg
私たちが好きなのは、ハイキングであって、登山じゃないんだね、って(爆)。


この日は、高低差約700mで(私たちには)厳しい傾斜の「登山」でありました。


おまけ
ホテルに戻る前のお約束。
DSC_1433_20110926235553.jpg
川原の露天風呂で汚れ落とし~


2011年夏休みCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

St. Moritz 最終日- 展望台二つ

2011年09月21日 (Wed.)

さて、約1週間居たSt. Moritzも、翌日に出発です。

最終日のこの日は、前日雲が多くて断念したDiavolezza(2989m)にリベンジ!
DSC_1033.jpg
・・・ならず


4000m級の連峰と氷河を目の前にできる展望台、のはずでした。

ちなみに、ここには、世界一高い場所にあるお風呂があるんです~
パンフレットを見て、
「うわー、入ってみたい♪でも、入ってる間シフォンはどうする?」
と考えて、やめたのですが、それで正解でしたよ。だって・・・



DSC_1032.jpg
お風呂の周りを展望台に来た人たちが歩いてますから(爆)。
これはちょっと落ち着きませぬ。

この展望台にあるホテルに泊まる方なら、展望台から人がいなくなった頃に
入れば、景色独り占めでいいかも♪ あ、ご希望の方は、事前の予約が
必要だそうですよ。一応触ってみたら、冷たいお水だったもん。



下りのロープウェーから、前日泳いだ Lago bianco が見えました。
DSC_1035.jpg
ちなみに、手前に見えているのはLej Nair (黒い湖)。



この日二つ目の展望台は、Muottas Muragl (2448m)  ケーブルカーで上ります。



行く前は、この地域の展望台の中で、一番標高が低くて、一番人気がなさそうと
勝手に思っていましたが、ところがどっこい。
DSC_1039.jpg
すっごくいい場所。失礼なことを思っていて、ごめんなさいでした。


ケーブルカーも夜遅くまで動いていて、この展望台のレストランが人気だそうです。
ディナーを予約しようと3日前に電話したら、もう満席でした。残念。


その代わり、景色が良い「おされでごーじゃすなかふぇ」でお茶。
DSC_1058.jpg
この写真一番奥の、ソファ席で、ガラス越しに景色を見ながら休憩~



ここから本日のハイキングです。
DSC_1075.jpg
ちょこっとだけモー子さんゾーンを歩くと、




山の傾斜に作られた細い道が続き、
DSC_1107.jpg




この、山と湖が描くパノラマがずっと追ってきます。
DSC_1078.jpg




途中で水音が聞こえたら駆け下りて行ってポチャンと入り、
DSC_1088.jpg




カーブでは一応止まってみて、
DSC_1162.jpg




迎えにきてくれるシフォンです
DSC_1120.jpg




湖が連なるパノラマと、この氷河を見ながらのハイキングは
DSC_1167.jpg
本当に気持ちよくって、かなりおすすめ♪




このコースは、Alpe Languardという所まで続くのですが
DSC_1141.jpg
そこから町へ降りるのは、リフトだけしか無いのです。


今回の旅行中、リフトに乗れれば行ける、という場所が何カ所も
あったのですが、さすがにシフォンは大きいし、万が一のことが
起きてしまったら困るので、すべて避けました。

ホテルの人も観光局の人も、「しっかり抱きかかえれば大丈夫だよ~」
って言うんですけどね 我が家は、無理だねって。

というわけで、途中、脇道から下山したのでした。


木立を抜けたら、お花畑の下山道♪
DSC_1197.jpg
ああ、いいところだった~。


St. Moritz 大大大満喫
次もお山方面へ移動します。



おまけ
DSCN0063_20110922001938.jpg
さすがにぐったりだね、シフォンさん。by ね。


2011年夏休みCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

St. Moritz - Lago bianco から Alpe Gruemへ

2011年09月20日 (Tue.)

またまたベルニナ線沿線に戻り、この日は Diavorezza という展望台に
上がる予定でしたが、あいにくの曇り。

景色は期待できないかな~、と、この日はあきらめ、もう一つ先の駅、
Ospizio Bernina から Lago Bianco 湖畔を経て隣駅 Alpe Gruem まで
歩く事にしました。1時間強のコースらしいです。

「らしい」というのは、湖なので、お約束の、すーいすい。


先日の記事での予告通り泳いだため、もっと時間がかかっているからです。
DSC_0879.jpg DSC_0880.jpg

DSC_0881.jpg DSC_0884.jpg
皆さん、そろそろシフォンの泳ぐ姿も見飽きてきてると思いますが(爆)




気持ち良さそうに泳ぐシフォンを見るのが、うれしい私たち。
DSC_0913.jpg
なかなかパリ近郊では水質が良い、泳げる場所は無いので




旅行先で、シフォンは「泳ぎだめ(?)」です
DSC_0914.jpg
上陸できる場所を逃したので、誘導中・・・




おっと、電車が来たよ。  すご~く不思議そうな顔して見てるね
DSC_0918.jpg  DSC_0924_20110920074100.jpg
                                     



この電車、最後尾に気持ち良さそうなオープンカー(?)が付いてました。
DSC_0927.jpg
あまりにも気持ち良さそうで、これに乗りたくなった、ボクとoira(爆)




そろそろ、湖から離れて、ハイキングコースを進もうね。
DSC_0953.jpg




モー子さんゾーンを抜けて、少し歩き、丘を越えると
DSC_0956.jpg





先日見た、湖の景色が広がりました。
DSC_0959.jpg
お天気はよくないけど、これも幻想的な感じ。




雲が低いので見えなくて残念だけど (お天気が良い日の写真は上記リンク先記事へ)
本当は氷河が、ドーン、と目の前に広がるはず、で、景色が良いはず、のカフェで
DSC_0960.jpg
Alpe Gruem駅を見下ろしつつ、電車の時間まで待ちます。



また電車だって
DSCN0042.jpg




ちらりーん
DSCN0045_20110920075032.jpg
やけに、風がスースーするよ 




やった
DSC_0980.jpg
思いがけず、念願かなって、ご機嫌のボクとoiraでした。


この日は、ここでもうおしまい。午後はゆっくりしっかり休養しました、とさ。

2011年夏休みCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

St. Moritz - 展望台&ハイキング その2

2011年09月19日 (Mon.)

ハイキングはまだまだ続きます。

この日は、Surlejという場所までバスで移動し(犬もOK。犬料金を払います)、
そこからCorvatchという展望台(3303m)にロープウェーを乗り継いで上りました。
この地域では一番高い場所にある展望台ですが、


ちょっと雲が多い日で・・・
DSC_0538.jpg
視界がなかなか開けません。


この写真に写ってるボクサー(?)ちゃんには、ここでの滞在中、何度もばったり会いました。
前日、氷河ハイキングの駅で会ったのが1回目。ここに向かうバスの中でもばったり。
ロープウェーも一緒。さらに2回ほど会って、驚く程、行動が一緒で笑っちゃった。



雲の切れ間に見える景色は、わんだほーなのですが、
DSC_0551_20110919051940.jpg
お天気の回復は見込めなかったので、ロープウェー1つ分降りて、




今日のハイキングスタート。本日は、
DSC_0568.jpg
ロープウェー駅 Corvatsch Murtel (2702m) から Furtschellas La Chudera (2312m)
まで歩きます。地図(ものすごく見にくいけど)を見ると、途中に湖というか池が
何カ所かあるので(笑)この道を選びました。




下に見えてるのは、シルス湖とシルヴァプラナ湖
DSC_0580.jpg




パノラマハイキングルートでござります。
DSC_0603.jpg




「自然の中では大胆派」なシフォンさん、
DSC_0607_20110919055420.jpg DSC_0621_20110919055419.jpg
早速ご機嫌なクネクネ、スリスリ、ヘソ天ダンスをご披露。
昔、初めてこれをした時に喜びましたが、今回の旅行では
ほぼ毎日、ハイキング中にこのダンスを繰り返してました(爆)。



目的地までは相当下るはずだけど、
DSC_0631.jpg
途中、上りも結構ありました。



丘の上で、きゅーけー。
DSC_0662.jpg




よしっ。元気回復!
DSC_0709.jpg



みずーみに備えて・・・
DSC_0728.jpg



小川でウォーミングアップもオッケー♪   おちりも、ぷりん♪

DSC_0734.jpg      DSC_0740.jpg




そして、湖、というか、池へ・・・。




あちゃーっ
DSC_0771.jpg
出たっ。遠浅っ。泳げないっ。



でも、たのしー♪
DSC_0781.jpg




やっぱり、山と水は、さいこー

DSC_0785.jpg



と、シフォンはしゃべらないけれど、そう思ってくれている、かな?



だって、すごくいい笑顔。
DSC_0786.jpg
ついつい、載せたい写真が増えちゃう。



ん?次のみずーみ、行きますよ。
DSC_0787.jpg
はーい。




よしっ、小川。っちゅーことは、この先に・・・
DSC_0793.jpg





みずーみ

DSC_0798.jpg
やっぱり、遠浅




でもご機嫌さん。本日2場所目のクネクネ~
DSC_0801.jpg DSC_0811.jpg




無事にFurtschellas La Chudera のロープウェー乗り場に付き、
ロープウェーを待ちながら休憩し、下界(といっても1793m)
まで降りてきて、バスで帰るつもりでした。が、目に入っちゃった。




上から見下ろしていた、シルヴァプラナ湖。
DSC_0834.jpg
やっと、深さがあるところで泳げました。水も、めちゃくちゃキレイ。




湖の反対側のバス停まで、泳げるところで泳ぎつつ、湖畔を歩く事に。
DSC_0870.jpg
もう、秋っぽい景色だな~。




この旅行で一番歩いたのは、この日だったかな?
DSC_0854.jpg
シフォンも、よく水遊びしたね。ほんと。




もう・・・              ダメ、寝る
DSCN0031.jpg    DSCN0032.jpg

2011年夏休みCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

St. Moritz - 展望台&ハイキング その1

2011年09月18日 (Sun.)

さて、お次は、St. Moritzの町中から最も近い展望台、
Piz Nair (ピッツ ネイル)に上りました。

町中からまず、Corviglia というところまでケーブルカーで上がり、
DSC_0446_20110917023236.jpg
(写真中央の青いのが、そのケーブルカー。ロープウェイから撮影)
そこからロープウェイに乗り換えて、Piz Nair に着きます。




そこではコワモテのヤギさんが町を見下ろしてました。
DSC_0456_20110917023235.jpg
シュタインボックというヤギさんだそうです。


このヤギさんの右上にあるのが、展望台(3030m)。ここに上がると・・・
DSC_0492.jpg
こんな景色や



こんな景色が、楽しめます。
DSC_0474_20110917023234.jpg
シフォン、なかなかノリがいいね。




ボクに調子を合わせると、疲れるのね(爆)
DSC_0496_20110917023233.jpg
高所で空気が薄いところにくると、昔から、こうやって
少しでも体力を温存しようとしているように感じます。


もう一度、Corviglia までケーブルカーで降りたら・・・


そこからは、宿のある町、Celerina へのゴンドラがある場所まで
ほんのちょこっとだけ、下りハイキングです。



後ろから、とても歩くのが早い少年が合流してきたら、
DSC_0506_20110917023233.jpg
シフォンにしては珍しく、しばらく一緒に歩いてました。




てくてく歩いて過ぎちゃったけど、
DSC_0508_20110917083924.jpg
こうやってみると、すごい景色だね、シフォン。




DSC_0517.jpg DSC_0520.jpg
あっ ぴたっ。             見ちゃった

DSC_0521.jpg
あそこには行かないよね?




シフォンが遠くに見たのは、空中を動くゴンドラ。
DSC_0522.jpg
乗るのは、ほとんど問題ないのですが、見るのは、相変わらず嫌、だそうです。
シフォンさん、一言も発しませんが、本当に豊かな表情で訴えかけてきます

それでもちゃんと、私たちと一緒に来てくれて、無事に宿に帰りましたとさ。



おまけ

路上では、きちんと、縦列駐車しましょう。
DSC_0054.jpg
テキトーに斜めに突っ込んで、立ち去った場合、イタリア人だとみなされます(驚)
ちなみに、ここはドイツ語圏。ルール守る人たちが多かったような(爆)



2011年夏休みCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。